How To Care+Ware African Yukata / アフリカ浴衣のススメ

前回の記事では、布の特徴や使用上のよいところをご紹介しました。

続いて、こちらではSOLOLAの浴衣のお手入れやお召しになる際のコツをご紹介いたします。
より快適にお召し頂けるよう、ぜひご参考になさってください♪

IMG_1520のコピー

1.着用シーン

アフリカ布の浴衣は生地がしっかりしているので、暑さの厳しい日中にお召しになると、どうしても着心地が暑くなってしまいます。
丈夫で汗染みが目立たず、洗濯機で丸洗いできますので、たっぷり汗をかいて浴衣に吸い取ってもらう!という感覚でお召し頂けると幸いです。

おすすめは涼しい室内や、夕涼みなど暑さが落ち着いた夕方~夜です。

本番の前に一度試着をして外出なさることをお勧めいたします。
浴衣の着用感や、下駄のフィット感なども分かるので、長時間お召しになる前にぜひ!

2.着付けのススメ

夏場の着付けは特に汗をかく瞬間です。
私もそうなのですが、普段着ていないと本を見ながら記憶を呼び覚ますのに四苦八苦し、気づけば汗だくに…
いかに汗をかくタイミングを減らすかが夏場の着付けのポイントです。

まず、着付け前に室内をクーラーで涼しくします。
この時ばかりは、寒い!という位が丁度よいかも知れません。

浴衣の下には、浴衣用下着だけでなく、襟元の開いた(首元から見えない)インナーなどでもOKです。
ここ↓が重要ポイントです!
私はインナーの上から「熱冷ましシート」を何枚も貼り付けちゃいます。
汗のかきやすい背中、帯周り、なんなら腕にもペタペタ…ふふ、これが外で効いてくるのです。
真夏の日中などは肌に直接貼ってしまいます。

そして、涼んだ勢いで一気に着付けます。

3.移動

着付け後、目的地までの道のりでまた一汗かいてしまいます。
移動中はなるべく日差しを避け、軒先、陰の多い道、地下道などを駆使して、とにかく駅まで向かい…クーラーの効いた電車に乗ったら、あとは熱が冷めるのを待ちます。

ハンカチや、冷たい飲み物などもこんな時は嬉しいです♪
暑さ対策は以上です。

4.着用後のお手入れ

外出先から帰宅されましたら、すぐに浴衣を洗ってしまいましょう!
夜遅い際は、たらいの水につけておくだけで、だいぶ汗じみや汚れの定着が防げます。

詳しい洗い方は、浴衣におつけしている「お手入れの冊子」をご参照ください。

洗い後は生乾きの状態でアイロンをかけるのがベストですが、忙しい毎日ではそうも言っていられませんよね。
お外に干しておくと、カリッカリに乾燥しているなんてことも。

そんな時は、浴衣にたっぷり目に霧吹きをかけて、アイロンを当ててください。
この時、当て布をするとより布に優しいのですが、丈夫な布なのでしなくても大丈夫です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浴衣のススメは以上です。

img_2210e381aee382b3e38394e383bc.jpg

着るのが大変な浴衣ですが、着てみるとやっぱりいいなぁと感じます。
次は浴衣でご近所に一杯飲みに行こうかしら?なんて思ったり。
日本人ならではの夏の楽しみですね。

皆様、ぜひSOLOLAの浴衣で今年の夏をエンジョイしてくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中