2019.3 Exhibition in Yanaka / 2019.3 谷中「AFRICAN CHIC」展

谷中のエスノースギャラリーにて2年ぶりの展示を開催いたします。

DM裏面アウトライン化前

今回はマリ共和国の泥染め、トンガ族の平かご、ガーナのかごを中心に、現地の生産者とのものづくりによって生まれた西アフリカの伝統布や藍染、手工芸品が並びます。

SOLOLA「AFRICAN CHIC-暮らしを彩るアフリカの布とかご-」展
期間:3/19(火)-3/24(日)
OPEN:11:00-19:00 (最終日17時まで)
会場 : the ETHNORTH GALLERY
住所:〒110-0001 東京都台東区谷中3-13-6
Tel:03-5834-2583
※大変申し訳ありませんが、DMの開催日時に誤りがありました。正しくは上記の情報です。

会場情報:
「the ETHNORTH GALLERY」
オリジナルレーベルの各国の素敵なCDや、アジア各地の手仕事のオリジナルプロダクトなどを生産販売しています。
民族やその営みにフォーカスした視点で選び抜かれたいい音楽とものに出会える大好きなお店です。

IMG_8799

DM写真のトンガ族の平かごは、イララパームという椰子から編まれた民具です。
その繊維をとるため、女性たちは村から何時間も離れたところへ歩いて行きます。
川の流域に暮らすトンガ族の美しい手仕事をご覧下さい。

IMG_8796

春が近づくこの季節、谷根千(谷中、根津、千駄木)散策もおすすめです♪
皆様のお越しをお待ちしております。

DM裏面アウトライン化前

Holiday notice March.2019 / ネットショップ発送のお休みのお知らせ 2019.3

solola_logo

SOLOLAは下記の期間オンラインショップの商品発送をお休みいたします。

期間 : 2019年2月28日(木)~3月6日(水)

期間中、オンラインショップでのご注文は承っております。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Holiday notice Oct.2018 / ネットショップのお休みのお知らせ 2018.10

【オンラインショップのお休みのお知らせ】

solola_logo

SOLOLAはアフリカ巡りのため、下記の期間オンラインショップをお休みします。

オンラインショップ休業日:10/14(日)~12/8(土)

お客様にはご迷惑をおかけしますが、どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今回はいつもより沢山の国や地域を巡る旅のため、安全&健康第一で行ってまいります。

42821442_2003417989722752_3921530184649408512_n

写真はギニアビサウの島の少年。
家の人に塩とバゲットのお使いを頼まれたみたい

2018.9.26 Exhibition in Asakusa / 「西アフリカのこころの布展」浅草アミューズミュージアム

9/26-30に浅草アミューズミュージアムにて展示を開催いたします。

20180926DM

African Arts & Crafts SOLOLA 個展
「西アフリカのこころの布-人が育む布の美-」

日時:2018年9月26日(水)~9月30日(日)
OPEN 10:00-18:00 (最終日16:00まで)

会場:アミューズミュージアム2F「手仕事のギャラリー&マーケット」
Tel: 03-5806-1181(代表)
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目34番3号
HP:http://www.amusemuseum.com

[展示内容]

アミューズミュージアムの常設展示である民俗学者:田中忠三郎さんのBORO布コレクションからはこれまで沢山の影響を受けました。

人が布に寄せた思いや心、時に執念は、物である「布」に宿り、布そのものに人の気配が染みついた、物質を超えた力が備わるように感じます。

アミューズミュージアムは2019年3月31日に10年の歴史に幕を閉じます。
館でのSOLOLA最後の展示はBORO布にちなんで、西アフリカのビンテージ藍染布を中心に暮らしの中で人々に育まれた布をご紹介します。

人に使われる中で生まれた美しい色の濃淡やせめぎ合いは、長い時間をかけた偶然の産物であり、二枚として同じものはありません。
文化の全く違う国の布ですが、同じように人のこころが見えるのです。

他、ヨルバ族の藍染布、各地の伝統布、かご、雑貨などが並びます。
ぜひ間近でご覧頂きたく、皆様のお越しをお待ちしております。

DM文字
African Arts & Crafts SOLOLA

お問い合わせ先: solola.africa@gmail.com

2018.9.20 AFRICAN TEXTILES at hako gallery / 2018.9.20 AFRICAN TEXTILES展 hako gallery

代々木上原のhako galleryにて9/20-24に展示を開催致します。
西アフリカの伝統染織ブランドSOLOLA(ソロラ)による現代の布と、Tribe(トライブ)のアフリカ伝統布の協力により実現した展示会です。

DM写真面

SOLOLA + Tribe EXHIBITION
「AFRICAN TEXTILES -アフリカの伝統染織と手仕事-」

会期:2018年9月20日(木)-24日(月) 12:00-20:00 (最終日18:00まで)
会場: hako gallery 1F
東京都渋谷区西原3丁目1-4 TEL.03-5453-5321
HP: http://hakogallery.jp
FBイベントページ

展示情報はこちらから♪

-SOLOLA ※全日在廊
-Tribe ※在廊日はFBイベントページにてお知らせ致します。
-展示連絡先
TEL.050-5889-5752
[展示内容]
コンゴの草ビロードやアップリケ、コートジボワールのディダ布など、サハラ以南アフリカを代表する自然布の他、各地の藍染や伝統布が並びます。
また、一本の木から彫られた椅子、儀礼などに用いられる仮面や木像、かごや雑貨もございます。アフリカの布のパワーと独自の造形美をお楽しみ下さい。
DM文字面

2018.9.7 Exhibition in Kamakura / 9.7-13「ヨルバ族の衣装展」鎌倉 Gallery招山

9/7(金)~13(木)に鎌倉山のGallery 招山で個展を開催いたします。

37624260_2042285875790443_3122300521063383040_n

SOLOLA「ヨルバ族の衣装展」

日時:2018年9月7日(金)〜9月13日(木)
OPEN 11:00-17:00
会場:Gallery 招山
住所:鎌倉市鎌倉山2-22-33 Tel: 0467-32-1712

「ヨルバ族の衣装展」というテーマで、ナイジェリアのヨルバ族のビンテージ衣装や、SOLOLAが現地で生産する伝統藍染「アディレ」、木像、かご、布雑貨などが並びます。

ヨルバ族はおしゃれが大好き!古くから豊かな染織文化を誇る、ナイジェリア随一のファッション好きな民族です。
ヨルバ族の男性用の伝統衣装であるアバダ(Agbada)、エシキ(Eshiki)は、たっぷりと布を使った大きなローブで、胸元と背中に大きな刺繍が施された色とりどりの衣装です。

R0017770

これらの衣装は現代でも冠婚葬祭や伝統的行事の際に身につけられ、権威の象徴とされています。古いもの、近代のものを含め現地で集めたビンテージの衣装を展示販売いたします。
刺繍のステッチや、足元の刺繍、衣装の作りなど、一枚ごとに違いがあります。
ぜひ間近でご覧下さい。

他にもアフリカの木像や椅子、各地の伝統布、布小物、オリジナルの雑貨など選りすぐりの品がご覧頂けます。

山と海が見えるテラスからの景色がとてもきれいです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

※DMをご希望の方はsolola.africa@gmail.comまでご連絡下さい。

img243

Various Custom-made Yukatas / 色とりどりのお誂え浴衣が完成!

先日、自由が丘Diginner Gallery Workshopでの浴衣展でのお誂えの浴衣が完成しました!

今月頭に無事発送が終わり、色とりどりの浴衣をお包みしながら、一枚一枚ご注文くださったお客様のお顔を思い出しておりました。

展示では嬉しい出来事が沢山ありました。学生さんなど若い世代のお客様がお買い求め下さったり、カップルでお誂え下さった方、離島からのお客様、そして西アフリカのお客様がSOLOLAの浴衣をご注文下さいました。

皆様の浴衣選びのお手伝いをさせて頂き、浴衣に寄せて下さったお一人お一人の物語に触れ、目の前の浴衣がよりいっそう愛おしくなるのでした。

お誂え浴衣の一部をご紹介します。

IMG_7941
-女性用浴衣 布:「ロールス・ロイス」 長く愛されるアフリカンプリント柄です。黄色地。

img_7944-e1533728608498.jpg
-女性用浴衣 165cm 布:「ロールス・ロイス」 現地で初めて見つけた、珍しい白地です。

IMG_7951
-男性用浴衣 M 布:「レコード」こちらも昔から続く柄で、デザインは絞り染めの伝統布がイメージソースになったのだとか。現地の一部の国ではその形状から通称「レコード」と呼ばれるそうです。

IMG_7953
-男性用浴衣 布:実物はより落ち着いた色合いです。お客様の雰囲気にピッタリでした。

IMG_7939
-男性用浴衣 布:藍染の伝統布がモチーフと思われる一枚です。貫禄があってアフリカン、個性的な大人の雰囲気に。

img_7961.jpg
-女性用浴衣  布:布の歴史的背景が見える布です。インドネシアのバティックに登場する神の鳥「ガルーダ」のモチーフが。

SOLOLAの浴衣は日本国内の縫製にこだわっています。
海外生産が当たり前となり、またその技術も向上している昨今。それは縫製のみならず反物、染、糸と遡るほど、一日一日と日本で着物や浴衣が作れなくなる日が近づいていることを感じます。

浴衣縫製は併用(ミシン、手縫い)で、手縫いは中国地方の山間部に住むおばあちゃん達によるものです。ご高齢の方も多く、目はあまり見えなくても縫う手は動く。暮らしの中の生きた手仕事に近い形でその営みは続いています。

先日、その縫い手さんが3名も引退されました。
方々で耳にする高齢化と後継者不足を、どこかで起こっている他人事ではなく、肌で感じる瞬間でした。
今では珍しいこうした貴重な営みや、日本の着物や浴衣生産が少しでも長く続くようにと、微力ながらSOLOLAの浴衣作りを続けていきたいなと思っています。

DM裏面

これにて。2018年の浴衣展は無事終了いたしました。
SOLOLAの浴衣で今年の夏を楽しんで頂けたら幸いです。
ご来場下さった皆さま、どうもありがとうございました。

次回は2019年、沢山の布や浴衣をご用意する予定です。
また来年、皆様にお会いできる日を楽しみにしております。